プロフィール

フォトアルバム
にぎわい酒場 万

はじめまして!
毎日、とはいきませんがちょくちょくお店の裏事情を大放出していきたいと思います。

コメント、メッセージいただけたら泣いて喜びます☆
よろしくお願いします♪

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« どうしても仕事を楽しいものにしたい | メイン | 何が人をそうさせるのか?わかりません »

2010年6月21日 (月)

時間とは人が一生追いかけなければならないランナー

疲れました。

さすがに、生ビール半額祭りの3日間は疲れました。


最終日はキッチンを4人でまわす!


一人で焼き場、板補をしながら宴会対応。

3時間走りっぱなし。

ぱっと客席を見ると130席がすべて満席。


よくぞクレーム席前なく4人でこなしたな~。

朝礼でかなり強めに熱弁したからかな~!?

だってね、僕は許せない言葉があります。

『仕方がない!』という言葉。


忙しいから席前も仕方ない!


忙しいから料理のクオリティー下がっても仕方ない!


忙しいからお客様が呼んでるのも無視しても仕方がない!


忙しいから仕方がない!

じゃあ、お客様が怒っているのに、『仕方ないですわ~』とお客様に

直接いえるんですか?

もし言えるのであれば、席前でもなんでもやってください!


その代わり、あなたがたはその時点でプロではありません。


人生においてもそう、自分に言い訳をしてしょうもない人生を


送りたいですか?目の前の現実に限界を決めるのは自分自身。


無理かもしれない、想いが熱ければ完璧に近づくことはできるはず。

そんなことを朝礼で今日は強めに語りました。

それもあってかフロア、キッチン共々、とても声、動きともに


僕の中では今まで見たことないくらいの動きを見せました。


まあきっかけなんて何だっていいです。


ただ、皆に心にその瞬間火がついたのであれば。

そうやって人生を真剣に追いかけることができたら


人生は必ず輝く!

僕はそう信じています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/569763/28712605

時間とは人が一生追いかけなければならないランナーを参照しているブログ:

コメント

お疲れ様です。スカイオーカーです。
僕も「限界を決めるのは自分」だと思います。
多くの場合「これくらいやれば成果が出るだろう」と思って何かに取り掛かる事が多いけど、実際に成果がなかなか現れない時に諦めてしまう原因になってると思います。「成果がでるまでやろう」と考えて諦めない人は意外に少ないですよね。

僕は何かが上手く行かなかったときに、必ず「これくらいで上手くいくと思っていた自分」をまず改めるよう心がけています。そうすれば忙しさや、立地・景気に絶望しなくてすみますし、何より生きてるのが楽しく感じられますしね!

「環境」とは失敗の言い訳じゃなく、成功のヒントだと僕は思ってます。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

万 本店 のサービス一覧

万 本店