プロフィール

フォトアルバム
にぎわい酒場 万

はじめまして!
毎日、とはいきませんがちょくちょくお店の裏事情を大放出していきたいと思います。

コメント、メッセージいただけたら泣いて喜びます☆
よろしくお願いします♪

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2011年1月 | メイン | 2013年5月 »

2012年7月

2012年7月28日 (土)

スタッフ教育は超大変

飲食店においてこれが一番大変だと思います

いっくら料理を勉強してきて、世界一の称号を得て、店を持っても

スタッフ教育に力を入れてなければいい店は完成しません

だって、一人では店は運営できないんだから。

結局は料理を作るのをフォローする人間だったり、それを提供するサーバーだったり

自分以外にも必要。

どんなに美味しい料理を作っても

それを食べたくさせるようなおすすめがなくてはならないし

どんなに美味しい料理を作ってもそれを最大限引き出す接客がなければ

美味しくない!

知ってました?

【料理が最高、でも接客が悪い】

【料理は普通(いまいち)、でも接客は心に残るくらい最高】

どちらが再来店される確立が高いか知ってますか?

後者なんです。

料理人の方々には悲しいお知らせですが、ちゃんと調べた結果らしいです。

もちろん両方最高の店が繁盛店になっているわけですが。

うちでもスタッフ教育、特にアルバイト教育にはたくさんの時間をかけています

アルバイトには僕は何を教えるかって?

僕は人生を教えます。いや、いうほど僕は人生生きてませんが。

バリバリの社会人遍歴があるわけでもありません。

が、しかし、ちゃんとした常識はそなわって・・・いや備わっていません。

僕は、結局は人生を決めるのは自分だと思ってます。

なので、自分で人生の軌道修正をできるパワフルな力と考えをつけてあげたいと

思って、そこを重点的に教育しています。

ここにずっとアルバイトでいるわけではないのだから

社員になってくれるなら別ですが

一人、僕はお客様から預かったアルバイトがいます

何をやっても続かない、覇気もない、挨拶もできないなどなど・・・・・

まあこんこんと言い続けて半年以上、今では姿勢・挨拶などは完璧にしています

しかし、やはり自分に甘い。

お父さんは、ずっと店長の横に置いてあげて!社員にしたってと言いますが、

それも決めるのは自分。

本当になりたいと思うならしがみ付いて来いと思うし。

何よりもバイトたちにいっつも言っているのは

俺に言われて悔しいと思え・・・・ということ。

人はその場にいればある程度までは成長するでしょう

しかし、それ以上の領域は反骨精神がなければ成長しません。

僕は自分でいうのも変ですが、変わっている店長だとは思います。

上司に後悔しかさせない店長です。

が、しかし、心を失ったことは一度もありません。

辞める奴はしりません。自分で辞める、それもまた自分が選んだ道。

しかし、僕の下にいる以上は今がいかんというわけではなく、

さらなる道へと進化させてみせます。

学校も家庭も子供を放棄する時代。

大人がさめてるから・・・・夢も希望もない!

違います、夢や希望は己で見出すもの。

『面白くない』という発言

それは自分を否定しているのと大して変わりません。

お前はいったい誰なんだ?と聞かれたら

僕は間違いなくこう答えます!

『大教育者だ!』と

2012年7月14日 (土)

剣先イカはうまいのだ!

今日のウリは剣先いか!

長崎ではヤリイカのことを剣先イカといって、

こちらでいう剣先イカのことは笹イカというそうだ!

んんんん、なんだかややっこしくも。

美味しければいいじゃん!ということです。

今年の剣先イカ、まだまだ高いですが、夏の王様剣先イカの甘みを味わいにきてね

美味しすぎるので399円の大特価!

かつ、これを頼んで頂いたお客様には合わせて、今日の店長のおすすめのお酒、

白鹿『喜十郎』がなんと399円です!

ぜひ、お待ちしてます!

2012年7月12日 (木)

飲食店で働いている人間がお客様としては一番素人

僕はアルバイトであったときからずっと提唱し続けていることがあります

われわれも店を出ればお客様の一人でとして飲食店に食べにいくのに

なぜ働いているとお客様の気持ちを忘れてしまうのだろう。

僕の中ではなかなかのテーマである。

今は情報社会!

人間は最低でも二回、しっかりしている人で一日3回ご飯を食べる。

絶対食べるのだ!

だから飲食店は売り上げは全体として減っているかもしれないけど、

消滅することはないと思う。

じゃあなぜその個数は減っているのか?

答えは簡単である。

お客様は本当に価値のある店にしか行かないからである

その価値のある店がツイッター、FB、口コミサイトなどで認知されていっているのだ。

僕らはそのアンリアルな世界で繰り広げられているお客様による評価ランキングの

存在にすら目を向けずにいるからお客様として素人なのだろう。

もはや、料理が美味しい、接客がすばらしいなんてことは当然のレベルにいたっている。

感動とはそれ以上のことなのだ!

それをかもしだすためにはわれわれももっとお客様としての存在を勉強しなければならない

今日、うちの料理人がこんなことをいってきました!

『昨日、アルバイトが僕にイトヨリってイカの種類ですか?と聞いてきてビックリしました。当然知っているものだと思っていたので・・・』と

これです。所詮は自分の目線で仕事しているちういい例です。

バイトがわからないならお客様もわかりません。

それでいて、イトヨリぜんぜん出ませんわーーーなんて言うのは本末転倒。

魚系?っていうことしかわかりません。

鮮魚がウリですよ!と言いながそれをさばく料理人がこの考えではまだまだ失格!

さて今日からまた頑張ります

2012年7月 8日 (日)

教育とは????

本店では一日二回、朝礼が行われます!

一回目は昼の一時から行われる社員朝礼、二回目は夕方から行われるアルバイトを含めての

全体朝礼!

本日の社員朝礼で僕はこんなことを問いかけました

教育とは?

社員たちは口をつむぎました

教育とは一挙手一投足に全神経を傾け、すべてに答えを出し、すべての疑問を投げかける

そして、成功を喜び、失敗を共に検証し、立ち居振る舞いを叱り、そして愛してやること。

まだまだです。

僕は諦めない。みんながこれを理解し、行動し、成果を出すまで諦めない。

2012年7月 7日 (土)

私たちには当たり前。しかし、お客様にもモラルは必要。

別にネガティブな文句ではないのでご注意を!

僕はいつも思っています。

お客様は神様だ!なんて飲食店では昔から言われていることかもしれません。

しかし、神様だからといって何をしてもいいというわけではありません。

お客様にだってモラルは必要。

僕だって、店を出れば一人のお客様。食べに行けばしっかりとルールを守り、

帰りには絶対に、ごちそうさまでした!といいます。

いや、ご馳走様を絶対に言えというわけではないけどね。

僕はクセでしてしまうのです。99.99999999%のお客様がすごいしっかりと

楽しんで、最後にはありがとーーーーと大きな声で心に響く笑顔で言っていただける

お客様です

しかし、昨日の学生100名はひどかったのです。

畳を汚しまくり、こちらの再三注意にも何も反応しない。

ほかの部屋の壁によじ登り、ほかのお客様にご迷惑をかけて楽しんでいる。

しまいには『俺たちお客様やぞ』とか言う始末。

幹事を最後に引き止めて、私得意の説教タイム!

約15分にわたり、道徳というものを説きました。

お客様とは何か?

君たちの行動が独断的で自己中心的であるということ

お金を払えばなんでもやってもいいのか?(値段を値切っておいて)

食べ物や飲み物を粗末にしすぎるということ

本当に楽しい会にするということは?

人として幼稚すぎるということ。

本来、いち居酒屋の店長が子供たちに問うことではありません!

世の中の先生、親御さん、しっかりと教育してください!

もちろん、全員ではないと思いますが、最近の学生さん、あまりにひどいですよ!

僕らは最高の料理と最高の接客の対価として代金をいただいています。

お互いにイーブンではなかったとしても、お帰りの際の心地のよさはイーブンであります。

ほかのお客様を不快にさせるような行為はいけません。

王様のレストランというドラマを僕は中学生のとき見ていましたが、

鮮明に覚えています。松本幸四郎演じる、やり手ギャルソンが素行が悪く、ほかのお客様に迷惑をかけまくって、自分はお客様だから何をしてもいいんだというお客様に言っていました。

『お客様、私たちにとってお客様とは王様です。しかし、首をはねられた王様もいます。どうぞ、お引取りを』

と。つまり、どんな身分でもルールは必要なのです!

と今日はモラルを語る。

2012年7月 6日 (金)

僕はルーズな男!

久しぶりに見てみたら、なんだか内容が変わっている!

僕はルーズな男なので、すっかりブログをほったらかし。

いや、正直に言います。手がまわっていませんでした。

なのでちゃんと書きます。どうも、店長の山口賢太です。

今日は金曜日です。

金曜日になるといっつもワクワクします!

あー、あの常連さん来るなーーー。だからあそこの席は空けておいてーー

あの常連さんはあの料理好きだから、ちゃんと用意しておいてーーーとか考えたり、

そんなんが楽しい!

僕は店長としてはまだまだ、木星のまわりをあわっている小さな衛星イオくらいの

勢いです。 まわることで精一杯です。

でもお客様を感動させたいという気持ちと勢いだけは負けません。

でも僕だけがこれじゃ駄目なんですね。

全員がお客様に感動を!全員がお客様を愛し、全員がお客様の笑顔を求める!

そんな店を追求する!それが僕の今の仕事です!

どうぞ、よろしくお願いします!

                              にぎわい酒場 万 本店 大店長 山口

万 本店 のサービス一覧

万 本店